コンテンツにスキップする

ドラギECB総裁を締め付ける債券市場、一段の金融緩和を強く要求

  • ECBはQE再開示唆などで市場の期待よりさらにハト派になる必要
  • TLTROの条件発表やフォワードガイダンス変更では不十分

債券投資家は欧州中央銀行(ECB)の一段の景気刺激措置を想定する一方で、インフレの回復は見込んでいない。こうした市場に対応しなければならないドラギECB総裁の立場はうらやましいものではない。

  ECBは6日、金融政策を発表する。世界の貿易と経済成長への懸念から域内各国で債券利回りが過去最低を更新する中、一部の投資家らに対して信頼性を維持するためには量的緩和(QE)の新ラウンドなど、より強力な行動を検討していることを示す必要があるかもしれない。ECBは、計画している新たな条件付き長期リファイナンスオペ(TLTRO)の詳細を発表すると見込まれている。

  シティグループの債券ストラテジスト、ジェイミー・サール氏はリポートで、「圧力を押し返すためには、ECBは市場が期待しているよりさらにハト派的になる必要がある」と指摘。TLTROの条件やフォワードガイダンスの変更でこれが達成できる可能性は低い。QE再開があり得るとほのめかすなど、より強力で予想外の何かが必要だ」と述べた。

  短期金融市場は年内のECB利下げ確率50%を織り込んでいる。来年7月までの0.1ポイント利下げも織り込み、利下げ観測を強めている。

  一方、市場のインフレ期待を示すインフレスワップの5年先スタート5年物フォワードレート(5年後から5年間の平均インフレ率に関する市場参加者の予想)は過去最低の1.28%に近い。

European bond yields have been falling to the lowest levels in history

原題:Bond Markets Have ECB President Draghi in a Vise Over Easing(抜粋)
Money-Market Traders Price a ECB 10bps Rate Cut By July 2020

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE