コンテンツにスキップする

英サービス業PMI、予想上回るも力不足-2Qはゼロ成長の見込み

  • サービス業PMIは予想上回る51-製造業、建設業は活動縮小示す
  • 英経済が「ほぼゼロ成長」にとどまっていると示唆-マークイット

英サービス業の経済活動は5月に予想以上に拡大した。同国経済でサービス業は圧倒的なシェアを占めるが、それでも経済全体をプラス成長に押し上げるには至らなさそうだ。

  IHSマークイット・エコノミクスが発表した5月の英サービス業購買担当者指数(PMI)は51に上昇し、拡大と縮小の境目である50を上回った。エコノミストらの予想は50.5だった。だがすでに発表済みの建設業と製造業のPMIは50を下回って縮小を示し、小売売上高も低調だった。

  マークイットは、これらを全て総合すると英経済は「ほぼゼロ成長」にとどまっていることが示唆されると指摘。ブルームバーグ・エコノミクスでは4-6月(第2四半期)の英経済を小幅なプラス成長と見込んでいる。1-3月は欧州連合(EU)離脱前の駆け込み需要に後押しされ英経済は0.5%のプラス成長を記録したが、今四半期は大幅な減速になりそうだ。

U.K. PMI point to economic growth `close to stagnation'

原題:U.K. Services Pickup Fails to Keep Economy Far From Stagnation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE