コンテンツにスキップする

日本は依然として安全な逃避先、でも円でもうけるのは難しい

  • 波乱の時期なら円買いー外国為替市場で教科書通りの取引
  • 従来ほど円が上昇しないー低金利長期化や日本企業にも原因か
relates to 日本は依然として安全な逃避先、でも円でもうけるのは難しい
ILLUSTRATION: TOMOMI MIZUKOSHI FOR BLOOMBERG BUSINESSWEEK
relates to 日本は依然として安全な逃避先、でも円でもうけるのは難しい
ILLUSTRATION: TOMOMI MIZUKOSHI FOR BLOOMBERG BUSINESSWEEK

5月31日の金曜日、アジアのトレーダーの朝はトランプ米大統領の予想外の動きで始まった。メキシコからの輸入品に関税を課すという発表だ。これで明らかに起こると思われた動きは、円への資金殺到だった。

  日本以外の国・地域が不安定に見える際、円を買うのは古典的な取引だ。日本の経常黒字および米国債や海外不動産などの資産保有は、日本が海外から資金を借り入れる必要がないことを意味するためだ。世界の投資家は、波乱の時期には日本の銀行預金や日本国債で資金を持つのが安全だと考えている。これが、円相場を押し上げる。また、ドル・円は世界で2番目に多く取引される通貨の組み合わせで、流動性が極めて高いため、円を買うのは容易だ。

  しかし、この教科書通りの取引はかつてほどうまく機能しない。5月31日の取引では、最初の30分間でS&P500種価指数先物は1%下落したが、円は0.2%しか上昇しなかった。円が1.2%上昇したのは、中国から保護主義的な発言がいろいろ出てからだった。

  1.2%は控えめな動きに見えるが、円の1日の上げとしては2年ぶりの大きさだった。数分で同じくらい、あるいはもっと大きく動いたかつての状況からは様変わりだ。例えば、2016年6月に英国が国民投票で欧州連合(EU)離脱を支持した結果が明らかになった際、円はドルに対し一時7.2%上昇した。JPモルガン・チェース銀行の佐々木融市場調査本部長は、5月末の朝のニュースは衝撃的で市場にとって新しい材料だったため、ドル・円はすぐに反応したはずだったと指摘。 そうならなかったのは、一種の構造的変化だと述べた。

  5月にトランプ大統領が中国に追加関税を課した時、円は確かに主要通貨の中で最良のパフォーマンスを見せたが、6月4日時点の円相場は1ドル=108円09銭前後と、年初の109円69銭からそれほど変わっていない。この間に貿易摩擦が高まり、米連邦準備制度のハト派転換でドル需要が後退したにもかかわらずだ。

Stock of Japanese Yen and US Dollars Ahead of British EU Referendum Vote

1万円札と100ドル紙幣

Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

  佐々木氏によれば、これには幾つかの理由がある。1つは、日本銀行が金融政策の正常化を検討するのは遠い先のことだという認識が広く浸透したこと。日本の金利は非常に低く、先月にはクーポン0.99%のジャンク債が売り出されたほどだ。このため日本の機関投資家はプラスのリターンを得るために資金の多くを海外に投じる必要があり、円以外の通貨の需要が押し上げられる。小規模な資本逃避だと佐々木氏は述べた。

  もう1つは、日本企業の行動だ。日本企業は昨年1000件を超える海外資産の買収を行い、総額は1910億ドル(約20兆6500億円)に上った。年40万人以上の人口減少ペースで日本市場が縮小する中、多くの企業が海外収入の割合を増やそうとしており、この傾向は続くとM&A(企業の合併・買収)の専門家はみている。

  ドルやその他の外貨に対する強い需要は、安全資産への逃避で円が買われるたびに、ドルの押し目買いを促す。これで、ドル下落と円上昇は抑えられる。

  では、投資家はどこへ資金を向けるのか。このところ利回りが低下しているとはいえ、米国はプラスのリターンで際立っている。 5月末の10年物米国債利回りは2.16%。これに対し日本はマイナス0.09%、ドイツはマイナス0.20%。金利差のおかげで、安全な避難先という概念が揺らぎつつあると、ラボバンク・インターナショナルの通貨戦略責任者ジェーン・フォリー氏は話す。「逃避先としての円への流れは続くと思う」とした上で、1ドル=105円になるには、米国とイランの紛争のような「大きな地政学的ショックが必要だろう」とも述べた。

原題:Japan Is Still a Haven, But It’s Tough to Make a Buck on the Yen(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE