コンテンツにスキップする

中国は米国産大豆の備蓄積み上げへ、貿易摩擦激化受け-関係者

  • 加工ではなく国家備蓄に回す計画だと事情に詳しい関係者
  • 中国は米国産大豆約690万トンをまだ受け取っていない-米農務省

米中貿易摩擦がエスカレートする中、中国は今年先に購入した米国産大豆のうちまだ引き渡されていない分を備蓄する計画だと事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  公に語る権限がないとして関係者が匿名を条件に語ったところでは、同大豆は加工ではなく国家備蓄の増強に回されるという。

  世界最大の大豆輸入国である中国は対米協議の行き詰まりを受け、米国産大豆のさらなる買い付けを保留しているが、既に購入済みの分についてはキャンセルする予定はないと事情に詳しい複数の関係者が先に明らかにしていた。米農務省のデータによると、中国は米国産大豆約690万トンをまだ受け取っていない。

  中国の食糧備蓄管理会社、中国儲備糧管理(シノグレイン)に電話取材を試みたが、応答はなかった。中国商務省に送ったファクスへの回答は今のところない。今回の中国の計画について、ロイター通信が先に報じていた。

原題:China Plans to Store Remaining U.S. Soy Purchases Amid Trade War(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE