コンテンツにスキップする

レバレッジドローン、景気減速なら「大虐殺」の危険も-モイニハン氏

  • BofAはレバレッジドローンのブックランナーで10年連続首位
  • 景気減速が一部の企業にとって悲惨な結果を招きかねないと同氏

米銀バンク・オブ・アメリカ(BofA)のブライアン・モイニハン最高経営責任者(CEO)は、米経済の足元はしっかりしているが、過去10年にわたり同行がブックランナーで首位を守ってきたレバレッジドローン(相対的に信用力の低い借り手向けの融資)がトラブルスポットになりかねないとの見方を示した。

Bank of America CEO Brian Moynihan At Charlotte Chamber Of Commerce Economic Outlook Conference

BofAのブライアン・モイニハンCEO

写真家:Davis Turner / Bloomberg

  モイニハン氏は4日にニューヨークのエコノミック・クラブで、景気拡大が続き、企業が利益を生む状況で、諸問題はまだ表面化していないと発言。BofAは「責任ある成長」を重視し、長年の貸し付け基準を守っていると繰り返し説明してきたが、レバレッジドファイナンスが市場全体で問題になる恐れがあると同氏は指摘した。

  同氏は「景気が減速し、企業が債務の重さに耐えられず、債務再編に動くことになれば、それらの企業にとって悲惨な結果になるだろう。そしてお決まりの大虐殺が起きる」と語った。

  ブルームバーグの集計データによれば、BofAはレバレッジドローンのブックランナーとして10年連続で首位を維持した。ポール・ドノフリオ最高財務責任者(CFO)は今年1月の段階で、ローン担保証券 (CLO)へのエクスポージャーを同行が制限していると述べていた。

原題:BofA, Longtime Leader in Leveraged Loans, Warns of ‘Carnage’ (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE