コンテンツにスキップする

中国テンセント、「コール オブ デューティ」モバイルで世界展開へ

  • 「われわれのノウハウを輸出する極めて良いチャンス」-ガオ氏
  • 海外の熱狂的なゲームファンをターゲットにしたジャンル開拓進める

ゲーム開発で世界最大手、中国のテンセント・ホールディングス(騰訊)は、人気ゲームの「コール オブ デューティ(CoD)」のモバイル版を米国や欧州、中南米市場に投入する。中国市場に不透明感が広がる中で、成長の期待できる新市場開拓の取り組みを加速する。

  同社は大ヒットゲーム「王者栄耀」の国際版「アリーナ オブ ヴァラー(AoV)」投入時に築いたマーケティング・流通ネットワークを活用する計画。

  テンセントの「TiMiスタジオ・グループ」とAoVの海外マーケティングディレクターを務めるビンセント・ガオ氏は、海外で開発者の採用を増やして担当チームを拡充し、世界の熱狂的なゲームファンをターゲットにしたジャンルの開拓も進める方針だと述べた。

Overseas Foray

Tencent's Arena of Valor is hugely popular in Taiwan, Thailand

Source: SensorTower

  ガオ氏はインタビューで、「これまでにモバイルゲーム開発で多くの経験を積んできた。われわれのノウハウを輸出する極めて良いチャンスだと思う」と語った上で、「将来的には、一流のゲーム開発者と組んでより多くのカテゴリーを導入する計画だ」とも述べた。

  同氏によれば、CoDモバイルは今のところ「ベータテスト版」で、公式リリース予定日はまだ未定。最終的には米国や日本に加え、欧州と中南米、東南アジアでの投入を見据えていると話した。

  ガオ氏はAoVの海外マーケティング・セールスチームをテンセントが廃止したとの報道を否定。同社が欧州に常駐するチームを持ったことはなく、米部門向け開発者採用を増やす計画だったと説明した。「テンセントはこれまでほとんど中国に焦点を絞ってきたが、今はもっとグローバルな視点でゲームセクターを見ている。これでIP(知的財産)保護に一段と注意を払う会社になる」とも語った。

原題:Tencent Counts on Smash Hit Call of Duty to Quicken Global Push (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE