コンテンツにスキップする

資産運用会社がトレーディング業務を外注化-高まるコスト圧力で

  • 外部のトレーディングデスクはかつてスタートアップ企業が利用
  • 今では厄介な市場環境でコスト削減を迫られる運用会社の需要が拡大

多くの資産運用会社にとって、トレーディングデスクを維持することはもはや採算が合わない。

  人を雇う給料、データやコンピューターにも費用がかかる。ダークプールやシステマティックインターナライザー(SI)など、新たな技術と流動性のソースがある。さらに、第2次金融商品市場指令(MiFID2)などという規則もある。

  そこで、トレーディングを外部委託するという選択肢が生まれる。こうした外部のトレーディングデスクはかつて、スタートアップ企業が利用するものだったが、今では厄介な市場環境の中でコスト削減を迫られる運用会社からの需要が増えている。

Cost Pressure

Equity mutual funds' expense ratios dropped as cash moved to cheaper assets

Source: Investment Company Institute report citing ICI, Lipper and Morningstar data

  カストディアン(証券管理業者)として8兆ドル(約865兆円)を預かるノーザン・トラストは、同社のプラットフォーム利用について40社の新規顧客候補と交渉している。バンク・オブ・ニューヨーク・メロンの子会社はトレーディング業務の外部委託に積極的な英国の資産運用会社の顧客開拓を強化し、ジェフリーズ・ファイナンシャル・グループは昨年6月の参入から60余りの顧客を獲得し、欧州とアジアへと進出している。

  「より強いマージン圧縮圧力に直面したとき何をすべきか。できるところでコストを削減しなければならない」と、ノーザン・トラスト・キャピタル・マーケッツのインテグレーテッド・トレーディング・ソリューションズ世界責任者ゲイリー・ポーリン氏(ロンドン在勤)が述べた。

原題:The Buy-Side Trader Is Latest Job to Be Outsourced as Costs Rise(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE