コンテンツにスキップする

6月4日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎NY外為:ドル下落、パウエル議長発言で株価が上昇ー円も安い

  4日のニューヨーク外国為替市場では、ドル指数が3週間ぶりの水準に下落。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が「景気拡大を維持するためわれわれは適切な行動を取る」と発言したことで、リスクの高い資産が上昇、逃避先資産が圧迫された。

  • ニューヨーク時間午後4時32分現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%低下し、4営業日続落。一時は5月13日以来の低水準となった
  • ドルは主要10通貨に対して広範に下落。一方、カナダ・ドルやオーストラリア・ドルなど資源国通貨は値上がり
    • 円は軟調。米国債利回りの上昇や米国株が1月以来の大幅高となったことが背景
  • パウエル議長は貿易摩擦の影響を今後も注視していくと約束。クラリダFRB副議長は当局が2大責務の遂行に向け政策を講じると発言
  • シカゴ連銀のエバンス総裁は金融市場からの利下げ圧力を一蹴。セントルイス連銀のブラード総裁は前日、物価上昇率を押し上げ、経済への下振れリスクに対応するには、近く政策金利の引き下げが必要になる可能性があると述べた
  • 米10年債利回りは5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.12%。前日までの5営業日で25bp低下していた
    • 米2年債利回りは5bp上昇の1.88%。前日は1.81%と、2017年12月以来の低水準をつけていた
  • メキシコのエブラルド外相は、米国との交渉で関税回避につながる解決策にたどり着く確率は80%だと発言。一方でトランプ米大統領は、予定通り10日に5%の関税を課すだろうと述べた
    • ムニューシン米財務長官は今週日本で開かれる20カ国・地域(G20)財務相会議で、中国当局者と顔を合わせることが予想されるが、米中の会合は設定されていない。米当局者が明らかにした
  • ドルは対ユーロで0.1%安の1ユーロ=1.1253ドル。対円では0.1%高の1ドル=108円15銭

欧州時間の取引

  パウエルFRB議長の講演を控え、ドル指数が小幅上昇。市場では利下げのシグナルが得られるかどうかに注目が集まった。ユーロ圏の消費者物価指数(CPI)は市場予想をわずかに下回ったものの、ユーロは3営業日続伸。円は一時、ほぼ5カ月ぶりの高値を付けた。

原題:Dollar, Havens Weaken as Powell Buoys Equities: Inside G-10(抜粋)
Dollar Steadies Before Fed’s Powell, Euro Edges Up: Inside G-10

◎米国株・国債・商品:株が大幅高、パウエル氏発言が追い風

  4日の米株式相場は大幅高。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が必要なら利下げの可能性も閉ざさない姿勢を示唆したことや、メキシコ当局者が米国による関税賦課を回避できるだろうと述べたのが追い風。S&P500種株価指数は1月以来の大幅高となった。一方で米国債は大幅反落。

  • 米国株は大幅高、パウエル議長発言で-銀行、自動車、半導体高い
  • 米国債は大幅反落-10年債利回りは2.13%に上昇
  • NY原油は反発、供給引き締まりの兆候で下げ一巡
  • NY金は小動き、1オンス=1328.70ドルで終了

  この日は大手銀行の株価が急伸。ウェルズ・ファーゴのアナリスト、マイク・メイヨー氏はリポートで、政策金利が引き下げられれば、銀行には「1995年のようなパーティー」が待っているかもしれないと指摘した。パウエル議長の発言を受け、米国債利回りは数年ぶりの低水準から上向いた。自動車および半導体メーカー株も上昇。メキシコのロペスオブラドール大統領が、関税の回避に向け米国と合意できるだろうと述べたことなどが材料視された。

  S&P500種株価指数は前日比2.1%高の2803.27。ダウ工業株30種平均は512.40ドル(2.1%)高の25332.18ドル。ナスダック総合指数は2.7%上昇。ニューヨーク時間午後4時59分現在、米国債市場では10年債利回りが6ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.13%。

  ニューヨーク原油先物相場は反発。貿易摩擦のエスカレートが世界的に需要を鈍らせるとの懸念はあるが、「OPECプラス」諸国からの供給が引き締まる兆候の方が意識された。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物7月限は23セント(0.4%)高の1バレル=53.48ドルと、5営業日ぶりに上昇。ロンドンICEの北海ブレント8月限は69セント上げて61.97ドル。

  ニューヨーク金先物相場は5営業日続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は0.1%高の1オンス=1328.70ドル。米国の貿易摩擦が中国からメキシコに拡大したことを受け、金への逃避買いと銅売りが加速し、銅金レシオは2年ぶりの低水準。

  Eトレード・ファイナンシャルの投資戦略担当バイスプレジデント、マイク・ローウェンガート氏は、「政策金利と貿易の両方で不透明性が継続していることから、明確さを提供するものは何でも市場に歓迎される」と指摘。市場参加者の多くは米金融当局の次の一手を見通す上で、7日の米雇用統計に注目するだろうと話した。

  米国債はパウエル議長の講演を材料に荒い値動き。同議長は、「景気拡大を維持するためわれわれは適切な行動を取る」と発言。利下げが近いことを示唆することはなかったものの、必要ならその可能性も閉ざさないことを示した。
原題:Stocks Jump Most Since January on Jolt From Powell: Markets Wrap(抜粋)
Treasuries Bear Steepen in Choppy Price Action Following Powell
Oil Halts Losing Streak as Supply Cuts Overshadow Trade Fears
Trade War Fears Send Copper-Gold Ratio Sinking to a Two-Year Low

◎欧州債:イタリア債が続伸、ドイツ債は狭いレンジの値動き

  4日の欧州債市場でイタリア債が続伸。ユーロ懐疑派である「同盟」の議員が同党主導の政権ならば、ユーロ圏に引き続きコミットするだろうと述べたことなどが材料となった。ドイツ債は狭いレンジでの値動きだった。

  • イタリア10年債利回りは10ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下して2.46%と、4月11日以来の低水準をつけた。欧州委がイタリアに対し、5日にも過剰財政赤字是正手続き(EDP)に入る公算と報じられ、朝方には下落していた。
  • ドイツ10年債利回りは1bp低下してマイナス0.21%、フランス10年債利回りは1bp低下の0.19%。
  • ユーロ参加国の国債利回りとスプレッドの一覧はこちらをクリックしてください

原題:Italian Bonds Extend Rally, Bunds Trade Tight; End of Day Curves(抜粋)

(米国株・国債・商品を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE