コンテンツにスキップする

利下げなら95年の「パーティー」再来、メイヨー氏分析-米銀株が急伸

Pedestrians walk along Wall Street near the New York Stock Exchange.

Pedestrians walk along Wall Street near the New York Stock Exchange.

Photographer: Michael Nagle/Bloomberg
Pedestrians walk along Wall Street near the New York Stock Exchange.
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

4日の米株式市場では銀行株が急伸。シティグループとバンク・オブ・アメリカ(BofA)は1月以来の大幅高となった。これより先、パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長は、必要となれば利下げの可能性を閉ざさない姿勢を示唆した。

  KBW銀行指数は一時3.1%上昇。シティは5.1%高、BofAは4.6%上昇した。

  政策金利が引き下げられれば、銀行には「1995年のようなパーティー」が待っているかもしれないと、ウェルズ・ファーゴのアナリスト、マイク・メイヨー氏はリポートで指摘。トップアイデア銘柄はシティ、BofA、そしてJPモルガン・チェースが続くと記した。利下げがあれば「銀行株のパフォーマンスが他を大きくしのいだ95年との類似点がまた増える」とし、当時も今も「引き締めサイクルが後期段階にあり、イールドカーブはその前にフラット化していた」と説明した。

Mike Mayo

マイク・メイヨー氏

出所:ブルームバーグ

  シティの株価上昇には、米国による関税賦課を回避できるだろうとのメキシコ当局者発言も手伝った可能性がある。シティは他行に比べメキシコへのエクスポージャーが高い。

原題:Banks Jump as Mike Mayo Sees 1995 ‘Party’ in Event of Rate Cuts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE