コンテンツにスキップする

ウーバー、米国など税務当局が調査中-主要地域で過年度の税額変更も

配車アプリの米ウーバー・テクノロジーズは、米税務当局から調査を受けていることを明らかにした。

  ウーバーが4日提出した届け出によると、米内国歳入庁(IRS)が2013、14年の納税分を調査している。幾つかの州と海外の税務当局もウーバーに対して調査を進めているという。

  同社は2010-19年分について、米国や英国、インドなど多くの主要市場で税額が変更になる可能性があるとしつつ、関連地域で適切な額の留保があるはずだとの見方を示した。

原題:Uber Under Federal Tax Investigation by IRS, Foreign Authorities(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE