コンテンツにスキップする

テスラ、ベールに包まれていた収入源はGMとFCA-届け出で判明

From
  • GMとFCAはテスラからの排出権購入を当局への届け出で開示
  • GMは「将来の規制の不確実性」に備えて排出権を購入

米電気自動車(EV)メーカー、テスラは何年にもわたり、他の自動車メーカーに温室効果ガスの排出権を売却することで収入を得てきた。今までは、こうした取引は概してベールに包まれていた。

  米ゼネラル・モーターズ(GM) とフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は今年に入り、テスラから温室効果ガス排出権を購入する合意に達したことをデラウェア州への届け出で明らかにした。届け出は詳細を欠いているものの、これについて過去に報告されたことはなかった。また、自動車メーカーが厳格化する米環境規制を順守するためにテスラに協力を求めていることも示された。

Where Credit is Due

Tesla sold almost $420 million in regulatory credits last year

Source: Company filings

  届け出ではテスラのGMやFCAに対する排出権売却の具体的条件は明らかにされていない。両社による過去の排出権購入はこれまで直接開示されたことはなく、米環境保護局(EPA)の報告書から推測することが可能だった。

  テスラの広報担当者はこれまでのところコメントを控えている。

  GMの温室効果ガス排出権の購入合意は2月25日付で、翌日にデラウェア州に報告された。広報担当パット・モリッシー氏は、同社が「将来の規制の不確実性」に備えて排出権を購入していると説明。FCAは、テスラから排出権を購入する合意に2016年、18年、今年に到達したことを4回の届け出で明らかにした。

原題:Tesla’s Secret Source of Cash Unmasked as GM, Fiat Chrysler (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE