コンテンツにスキップする

バフェット氏との昼食会、史上最高値での落札者は仮想通貨の先駆者

  • 落札したのは仮想通貨トロンの創始者サン氏
  • バフェット氏に仮想通貨とブロックチェーンについて教えたい

著名投資家ウォーレン・バフェット氏との昼食会の権利を過去最高の457万ドル(約4億9000万円)で落札したのは仮想通貨の先駆者、ジャスティン・サン氏だった。

  サン氏は2017年にトロンまたはTRXとしても知られる仮想通貨トロニックスをつくり出した。コインマーケットキャップ・ドット・コムによると、トロンの時価総額は25億6000万ドルで、世界で10番目の規模の仮想通貨。

  中国人起業家のサン氏(28)は、仮想通貨に懐疑的なバフェット氏に仮想通貨とその基本技術のブロックチェーンについて教えたいと言う。「投資の世界で人が考えを変えるのはよくあることだ。多くの人が技術を過小評価しているときに、最大の投資機会はある」と電話インタビューで語った。

原題:Crypto Pioneer Pays $4.57 Million for Lunch With Warren Buffett(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE