コンテンツにスキップする

BofAとシティ、S&P企業1株利益2ドル下げ-景気後退も警戒

  • BofAは1株利益を166ドル、シティは170ドルに下方修正した
  • 貿易摩擦に伴う間接的悪影響の方が厳しい可能性が高いとBofA

米銀バンク・オブ・アメリカ(BofA)とシティグループが、S&P500種株価指数を構成する米企業の今年の1株利益見通しを引き下げた。貿易摩擦がエスカレートする状況でリセッション(景気後退)のリスクを指摘した。

  BofAの米株戦略チームの責任者サビータ・スブラマニアン氏は、S&P500種指数構成企業の2019年の1株利益を166ドルと予想し、従来の見通しを2ドル下方修正した。輸入関税引き上げが米企業のコストを押し上げ、利益を損なうと見込まれることを理由に挙げた。シティの米株チーフストラテジスト、トビアス・レフコビッチ氏も1株利益を2ドル引き下げ、170ドルと予測した。

  スブラマニアン氏やレフコビッチ氏らは、トランプ米大統領が中国との通商対立をエスカレートさせ、メキシコが不法移民対策に力を入れなければ、同国からの全ての輸入品に制裁関税を課すと表明して以後、米企業の利益見通し引き下げに最初に動くウォール街のストラテジストとなる。

  S&P500種指数の年末目標は修正していないものの、BofAもシティも貿易摩擦がリセッションの引き金となる最悪のシナリオの可能性も検証している。

  スブラマニアン氏は顧客向けリポートで、「消費や設備投資、信頼感への打撃、華為技術(ファーウェイ)との取引禁止、原油など、貿易摩擦に伴う間接的な悪影響の方が、直接的な影響よりも厳しい可能性が高い。リセッションという最悪のケースでは、ピークから谷までの平均的な1株利益の落ち込みは20%程度になると一般的に予想される」と分析した。

Growth Under Threat

Analysts expect S&P 500 earnings to be stuck this quarter and next

Source: Bloomberg

シティの米株チーフストラテジスト、トビアス・レフコビッチ氏

ソース:ブルームバーグ)

原題:BofA, Citi Cut S&P 500 EPS Estimates, Raise Specter of Recession(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE