コンテンツにスキップする

アップルなど米ハイテク大手が軒並み急落-反トラスト当局の捜査懸念

Pedestrians walk past an Apple Inc. store in Shanghai, China.

Pedestrians walk past an Apple Inc. store in Shanghai, China.

Photographer: Qilai Shen/Bloomberg
Pedestrians walk past an Apple Inc. store in Shanghai, China.
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

3日の米株式市場でアップル、グーグルの親会社アルファベットフェイスブックの株価がそれぞれ急落。米司法省と連邦取引委員会(FTC)がハイテク大手の監督任務を分割することに合意したことを受け、反トラスト法違反疑惑の捜査が入る公算が大きいとの見方が広がった。

  司法省がグーグルの捜査に着手する準備を進めていると、5月31日に最初に伝わった。事情に詳しい関係者の1人は3日、フェイスブックの慣行がデジタル市場の競争を阻害しているかを巡る反トラスト法上の調査をFTCが監督すると明らかにした。

Mueller Delivers Trump Report, Barr May Give Details Within Days

米司法省

Photographer: Al Drago/Bloomberg

  3日の米市場で、アルファベット株は前週末比で一時7.2%安の1027ドルと、1月以来の安値。フェイスブックは一時9.3%安の161.01ドル。昨年7月以来の大幅安となった。この報道を受け、アマゾン・ドット・コムは5.8%、アップルも2.7%それぞれ下落した。

原題:Google, Facebook and Apple Fall Amid Antitrust Scrutiny (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE