コンテンツにスキップする

セントルイス連銀総裁:米利下げ、「近く」必要になる可能性も

米セントルイス連銀のブラード総裁は3日、物価上昇率を押し上げ、エスカレートする貿易戦争がもたらす経済への下振れリスクに対応するには、近く政策金利の引き下げが必要になる可能性があると述べた。

  「インフレ率とインフレ期待を目標水準に近づけるのを助け、予想より急激な景気減速に備えた保険を確保するためにも、政策金利に下方向の調整を加えることは近く正当化される可能性がある」とブラード総裁はシカゴで講演。事前原稿によれば、「貿易の抑制が米経済に直接及ぼす影響は比較的小さいが、世界の金融市場を通じて広がる影響はより大きくなる可能性がある」と述べた。

原題:Fed’s Bullard Says May Need Rate Cut ‘Soon’ Amid Trade Tension(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE