コンテンツにスキップする

トランプ氏、AT&Tボイコットをツイッターで提案-CNN批判で

トランプ米大統領は米テレビ局CNNを「米国にとって極めて有害」と批判。親会社の米AT&TをボイコットすればCNNは変わらざるを得なくなると指摘した。トランプ氏は自身や政権に批判的なメディアを攻撃することが多く、特にCNNに対してはそうした姿勢が強い。

  国賓として英国を訪問しているトランプ大統領は3日、ロンドンのスタンステッド空港に到着後間もなく、「英国にちょうど着いたところだ。唯一の問題は、米国からのニュースの主要な情報源がCNNだということだ」とツイートした。

  トランプ氏はCNNを少し見たが見るのをやめたと説明。「全てネガティブで、偽ニュースが非常に多い。米国にとって極めて有害だ。視聴率は大きく低下している。なぜ親会社のAT&Tは何もしないのか」と述べた。

  その数分後には別のツイートで、国民が「AT&Tの利用ないし契約をやめれば、AT&TはCNNを大きく変えざるを得なくなる。いずれにせよ、CNNは既に視聴率の面で瀕死(ひんし)の状態だ」と続けた。

  AT&Tからはコメントを得られていない。

原題:Trump Suggests AT&T Boycott to Force Change at ‘Unfair’ CNN (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE