コンテンツにスキップする

JPモルガンのインフラ投資部門、米電力会社買収へ-27.8億ドル

米電力会社のエルパソ・エレクトリックは、JPモルガンの投資部門に27億8000万ドル(約3000億円)の現金で身売りすることで合意した。エルパソの株価は一時14%上昇。

  JPモルガンのインフラストラクチャー・インベストメント・グループのマシュー・ルブラン最高投資責任者(CIO)は3日の発表文で、「公益企業の長期的な所有者として、当社はエルパソの使命の重要性を理解しており、当社のリソースと経験によって安全でクリーン、かつ安価で信頼できるエネルギーの供給企業としてのエルパソの指導力を拡大できると確信している」と述べた。

インサイト

  • 買収額は1株当たり現金68.25ドル、これは5月31日の終値を17%上回る水準
  • エルパソはテキサス州西部とニューメキシコ州南部で約42万8000の顧客にサービスを提供。エルパソの株価は年初から先週末までの時点で16%上昇していた
  • エルパソの取締役会は今回の合意を全会一致で承認。テキサスとニューメキシコ両州の規制当局の承認が必要になる
  • 両社は買収完了の期限を2020年6月1日に設定、3カ月延長の可能性があるという。JPモルガンは買収を完了できない場合、1億7000万ドルの違約金を支払う必要。エルパソの違約金は8500万ドル

原題:JPMorgan Unit to Buy El Paso Electric for $2.78 Billion in Cash(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE