コンテンツにスキップする

ゴールドマン、キャピタル・ビジョン・サービシズ買収へ-2900億円規模

ゴールドマン・サックス・グループのマーチャントバンキング部門、ウェスト・ストリート・キャピタル・パートナーズVIIは、検眼を手掛けるマイアイドクターを運営するキャピタル・ビジョン・サービシズの買収で合意した。

  ゴールドマンは同社をアルタス・パートナーズおよびカナダの年金基金、ケベック州貯蓄投資公庫(CDPQ)から買収する。各社が3日発表した。買収価格は債務継承を含め27億ドル(約2920億円)。買収について米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が3日先に、事情に詳しい関係者の話を引用して報じていた。

  売買は2019年7-9月(第3四半期)に完了する予定。

原題:Goldman Unit to Buy Eye-Care Manager Capital Vision Services(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE