コンテンツにスキップする

テスラ、加州フリーモントで「モデルY」生産の公算大-マスク氏

  • ベイエリアでの生活費の高さを踏まえ、空間的制約や人件費も検討
  • ウェブサイトによれば、北米向け生産は2020年遅い時期開始予定

米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は2日、カリフォルニア州フリーモントにある同社唯一の自動車組立工場でスポーツタイプ多目的車(SUV)の「モデルY」を生産するのが現在の「基本計画」だと明らかにした。

  テスラは「モデルS」と「モデルX」、「モデル3」をフリーモントで生産しているが、バッテリーパックなどはネバダ州リノ近郊のギガファクトリーで製造している。同社はベイエリアでの生活費の高さを踏まえ、空間的制約や人件費など、それぞれの場所で生産する際のプラス・マイナス面を比較検討してきた。

  マスク氏はモデル3を所有するライアン・マキャフリー氏主催のポッドキャスト「ライド・ザ・ライトニング」の中で発言。テスラのウェブサイトによれば、モデルYの生産は北米向けは2020年の遅い時期に、欧州と中国向けは21年の早い時期に開始する予定。

  ポッドキャストは5月29日夜にカリフォルニア州パロアルトのテスラ本社で収録された。1時間にわたるエピソードはテスラのデザインの歴史やさまざまな決定、自動車業界の電化に関する進展状況や完全自動化に向けた取り組み、テスラ車の特徴などに触れている。

原題:Musk Says Tesla Is Likely to Produce Model Y in Fremont(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE