コンテンツにスキップする

FCAがルノー統合案の修正検討、仏政府の支持獲得狙い-ロイター

フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)はルノーとの統合案にフランス政府の支持を得るため、ルノーに対して特別配当やより強力な雇用保証を与えることを検討している。ロイター通信が事情に詳しい複数の関係者の話を引用して伝えた。

  ロイターによれば、FCAによるルノー統合の修正案には、統合後の新会社の取締役会に仏政府が入ることや統合会社の本社をフランスに置くことも含まれる。FCAとルノーの広報担当者はいずれもロイターに対してコメントを控えたという。

原題:FCA Studies Improved Renault Bid to Win France Backing: Reuters(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE