コンテンツにスキップする

米FF金利先物、年内0.25ポイントの利下げ2回を見込む

  • トランプ大統領の対メキシコ関税発表を受け市場がシフト
  • 米プライマリー・ディーラー数社も現在、年内利下げを予想

フェデラルファンド(FF)金利先物の動向は、市場が今年、計0.5ポイント強の米利下げが行われると見込んでいることを示している。

  実効FF金利が2.39%であるのに対し、FF金利先物2020年1月限による今年末のインプライドレートは5月31日に15ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下して1.855%となった。FF金利の変更幅は25bpとされる場合が多いため、年末までに25bpの利下げが2回あると見込まれる。

  このシフトは、トランプ大統領がメキシコからの全輸入品への関税賦課計画を発表、貿易摩擦への懸念が一段と強まり債券が世界的に値上がりする中で起こった。米プライマリー・ディーラー数社のストラテジストらも予想を修正し、年内の利下げを見込んでいる。

原題:Fed Funds Futures Now Show Two Quarter-Point Cuts by Year-End(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE