コンテンツにスキップする

トランプ大統領、インドを一般特恵関税制度の対象から除外

  • インドが公平な市場アクセスを米国に提供すると確信できずと大統領
  • 6月5日付で対象から外すのが適切とトランプ大統領

トランプ米大統領は5月31日、インドを一般特恵関税制度(GSP)の対象から除外した。インドはこれまでGSPを利用して無関税で2000近い品目を米国に輸出していた。

  トランプ大統領は31日夜の大統領布告で、「インドが自国市場への公平かつ理にかなったアクセスを提供すると米国は確信できていないと私は判断した」とし、「従って、6月5日付でインドの受益途上国の指定を外すことが適切だ」と説明した。

  トランプ政権は経済発展促進を目的とするGSPの対象からインドを外すと数カ月前から警告していた。
原題:Trump Ends India’s Trade Designation as a Developing Nation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE