コンテンツにスキップする

トランプ大統領、ジョンソン氏なら素晴らしい英首相になると再び発言

  • トランプ氏を「女性蔑視的」と以前非難したメーガン妃の悪口も
  • トランプ大統領は来週、英国を公式訪問する

トランプ米大統領は5月31日、来週の英国公式訪問に先立ち、ボリス・ジョンソン前英外相が首相になれば「非常に良い仕事をするだろう」と述べ、再び物議を醸した。またメーガン妃を「意地が悪い」と評した。

  トランプ大統領は次期英首相の最有力候補と目されるジョンソン氏について、「素晴らしい」保守党党首になるとも語った。

  同大統領は英紙サンとのインタビューでジョンソン氏のことが好きだとした上で、「昔からそうだった。彼が当選するかは分からないが、非常に良い男で、才能豊かな人物だと思う」と述べた。

  トランプ大統領は、同盟国内の政争に口を挟まないという決まりを再び破ることとなった。大統領は昨年7月、ジョンソン氏がメイ首相の欧州連合(EU)離脱案に反対して辞任した直後にも、ジョンソン氏は素晴らしい首相になるだろうと述べて批判を浴びていた。

  大統領は訪英時にエリザベス女王とウィリアム王子、キャサリン妃、ヘンリー王子と面会する予定だが、2016年米大統領選の際、トランプ氏を「女性蔑視的」で「不和を生じさせる」と呼んだメーガン妃について、「まあ何と言うか、彼女が意地が悪いとは私は知らなかったいうことだ」と語った。ただ、英王室の一員として彼女は「非常にうまくやるだろう」とも述べた。メーガン妃は今回、トランプ大統領と面会しない見込み。

原題:Trump Backs Boris Johnson, Blasts Duchess Ahead of U.K. Visit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE