コンテンツにスキップする

逆イールド現象は「涙に終わる」ーMOVE指数開発者のバスマン氏

米国債市場で最も広く利用されている指標の一つ、メリル・オプション・ボラティリティ・エスティメート(MOVE)指数を考案したハーレー・バスマン氏は、あまり注目されていない金利カーブでも逆転現象が起きているとし、市場で先行き混乱が生じることを示唆していると述べた。

  バスマン氏によれば、スワップ取引の5年先スタート5年物フォワードレートがフェデラルファンド(FF)金利を下回っている動きは、ロング・コンベクシティ取引へのシフトを示唆しており、これは金利が大きく変動した場合に利益をもたらす可能性がある。同氏はMOVE指数をメリル・リンチに勤務していた1990年代初めに開発した。

  バスマン氏は30日に掲載されたブログで、「今回も違いは全くない」と指摘。「これがいつ、どのようにして解消されるのか私には分からないが、イールドカーブは約6つの部分で逆転しており、いずれこれは涙に終わる」と述べた。

Forward swap rates are sending a worrisome signal, Bassman says
Harley Bassman VERTICAL GETTY SUB

ハーレー・バスマン氏

撮影: Dia Dipasupil/Getty Images

  同氏は「冷静さを失ってはいけない。パニックに陥るときではない」と記した。

原題:MOVE Creator Says Yield Curve Inversion Will End ‘in Tears’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE