コンテンツにスキップする

サッカーCL、大豆取引米国人とポンド売り英国人の富と野心の決勝戦

リバプールとトットナム・ホットスパー。6月1日にマドリードで決まるのは欧州サッカークラブの頂点だけではない。大豆農家を継いで先物取引で富を築いた米国人と、バハマに拠点を置く為替トレーディングで名をはせた英国人。今年のチャンピオンズリーグ(CL)決勝はこの2人による、知力と野心に培われた富の対決でもある。

Ajax v Tottenham Hotspur - UEFA Champions League Semi Final: Second Leg

CL準決勝でアヤックスと対戦するトットナム

  2010年にリバプールを買収したフェンウェイ・スポーツ・グループ。米大リーグ、ボストン・レッドソックスのオーナーとして知られる同社の経営権を握るのは、アーカンソー州育ちのジョン・ヘンリー氏。対するは、持ち株会社ENICを通じてトットナムを所有するロンドン生まれのジョー・ルイス氏。ブルームバーグ・ビリオネア指数によれば、両氏とも保有する権益は10億ドル(約1100億円)程度と評価されている。

  CL優勝カップには400万ユーロ(約4億9000万円)の賞金が付いてくるが、クラブチームとしての資産価値の向上はそれ以上だ。

  「スポンサー企業との交渉で優位に立てるほか、クラブの価値も高まる。世界的な序列という意味でもプラスだ」と、デロイトでスポーツビジネスに携わるダン・ジョーンズ氏は説明する。「ピッチでの好成績はクラブの価値を高める」という訳だ。

  フェンウェイが2010年に約5億ドルで買収したリバプールは、今年年初の時点で約24億ドルの価値があるとKPMGは計算している。一方、ルイス氏が86%を有するトットナムの価値は19億ドルと推計されている。

  フェンウェイとリバプール、トットナムの担当者はいずれもコメントの要請に応じていない。

Attendees Arrive For The Allen & Co. Media And Technology Conference

ジョン・ヘンリー氏

  リバプールのヘンリー氏は26歳の時に、アーカンソー州の大豆農家を亡くなった父親から引き継いだ。穀物の先物取引で利益をあげる数式モデルを編み出した同氏は、1981年に投資会社、ジョン・W・ヘンリーを設立した。

  トットナムのルイス氏(82)は、父親から引き継いだケータリング事業を発展させ、レストラン経営に成功、その利益を投じて多角的に経営手腕を発揮した。為替取引にも手を伸ばし、1992年には著名な資産家、ジョージ・ソロス氏と同様にポンド売りの賭に出た。ルイス氏の投資会社、タビストック・グループのポートフォリオは世界の企業200社以上に及ぶ。

Joe Lewis

ジョー・ルイス氏

  両クラブともスポーツチームにしては財布の口が固く、選手のトレードに大枚を投じないことで知られている。はるかに裕福なバルセロナのような強豪チームとは対照的だが、そのバルセロナをリバプールは準決勝で下している。

  トットナムの堅実ぶりはチームの報酬に表れている。スポーティング・インテリジェンスによれば、イングランド・プレミアリーグの上位6チームのうちで、トットナムの報酬総額は最下位に位置する。

  デロイトのジョーンズ氏は「ビジネス面でも両クラブは極めて好調だ」と話す。「欠けているのは優勝カップだと、いずれも感じていることだろう。中でも最高の優勝カップを懸けて闘っているという事実は、両チームの意欲をことさらかき立てるはずだ」と述べた。

Tottenham Hotspur v Manchester City - UEFA Champions League Quarter Final: First Leg

トットナム・ホットスパーズの新しいスタジアム

Photographer: Matthew Ashton/AMA via Getty Images

原題:Billionaire Traders to Clash in Soccer’s Most Glamorous Match(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE