コンテンツにスキップする

シティとMUFGが約12億円支払いで合意、外為操作の訴訟-BLAW

米シティグループと三菱UFJ銀行は、外国為替市場での相場操作の共謀に加わったとされる訴訟で、約1100万ドル(約12億円)を支払うことに合意した。ブルームバーグローが明らかにした。

  ニューヨーク南部地区のローナ・ショフィールド連邦地裁判事の予備的承認を求める29日の動議によると、シティは995万ドル、MUFGは98万5000ドルを支払う。米国やその他の国際的銀行を相手取った集団訴訟で原告側に協力することも約束した。集団訴訟が認定されれば原告は和解していない銀行から、外貨購入で払い過ぎた全額の返還を受けられるという。

  ショフィールド判事は2週間ほど前に、MUFGとロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ、ソシエテ・ジェネラル、UBSグループに対する訴えを司法管轄権を理由に却下。バークレイズ・バンクとBNPパリバ、HSBCバンク、スタンダード・チャータード・バンク、UBSグループ子会社のUBSに対する訴訟は認められた。

原題:Citigroup, MUFG Settle Forex Rigging Claims for $11 Million(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE