コンテンツにスキップする

イタリアの公的債務、経済への「大きな足かせ」-ビスコ中銀総裁

  • 「厳格な」債務削減戦略が緊急に必要-イタリア中銀総裁
  • 欧州委員会は債務削減失敗の説明をイタリア政府に求めている

欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバーであるイタリア銀行(中央銀行)のビスコ総裁は、公的債務を削減する「信頼できる」戦略を同国は緊急に必要としていると訴えた。イタリアの膨大な公的債務は国内経済の「大きな足かせ」になるリスクがあると論じた。

  ビスコ総裁は31日、ローマで開いたイタリア中銀の年次会合で、国内総生産(GDP)に対する債務比率は政府が直近の計画で目標とした水準を超える可能性があると指摘。歳出や税制の見直しを含め「中期的に債務を削減する厳格で信頼できる戦略の策定に遅れがあってはならない」と語った。

  イタリア政府は現在の計画で、債務の対GDP比率を今年が132.6%、来年が131.3%としている。だが欧州連合(EU)の欧州委員会は、イタリアの財政状況は今年と来年に悪化すると警告、債務削減の約束が履行できない理由を説明するよう同国政府に書簡で求めた。政府は31日、この書簡に返答する公算が大きい。

原題:Visco Says Italy’s Debt Load Is ‘Severe Constraint’ on Economy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE