コンテンツにスキップする

ドイツ10年債利回り、マイナス圏の記録更新-安全需要で買い殺到

  • ギリシャ10年債利回りは史上初めて3%を割り込む
  • トランプ大統領がメキシコ輸入品への関税賦課を表明

31日の欧州債市場でドイツ国債が買われ、10年物利回りがマイナス圏の記録を更新した。貿易摩擦激化と成長減速、イタリアの政治リスクの中で国債買いに拍車が掛かった。

  世界で最も安全な資産の1つと見なされるドイツ国債の需要は、今年に入って利回りがマイナスになっても衰えなかった。31日はトランプ米大統領がメキシコからの輸入品に関税を課すと表明し、ドイツ債の値上がりが加速した。

  10年物のドイツ債利回りは3ベーシスポイント(bp)低下しマイナス0.206%と、2016年に付けた過去最低を更新した。この日はギリシャ10年債も買われ、利回りは2.99%と、初めて3%を割り込んだ。

German bond yields dive deeper and deeper below zero percent

原題:German Yields Set New Sub-Zero Record as Haven Seekers Rush In、Greek 10-Year Bond Yields Drop Below 3% First Time on Record (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE