コンテンツにスキップする

トルコ経済がリセッション脱却、前期比1.3%増-国営銀の融資増寄与

  • 1-3月GDPは季調後ベースで予想と一致、前年同期比2.6%減
  • 持ち直しが今後も続くかは引き続きリラ相場次第

トルコ経済が1-3月(第1四半期)にリセッション(景気後退)から脱した。国営銀行による貸し出し増加が寄与した。

  31日発表された国内総生産(GDP)は季節調整済みで前期比1.3%増加。ブルームバーグが調査したエコノミスト10人の予想中央値も1.3%増だった。昨年10-12月(第4四半期)は同2.4%減。1-3月のGDPは前年同期比では2.6%減少した。

  持ち直しが今後も続くかどうかは引き続き通貨リラの先行き次第で、4-6月期に入っての通貨安は個人消費が軸のトルコ経済にとって足かせとなる恐れがある。

原題:Turkey Exits Recession as Economy Starts Long Road to Recovery(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE