コンテンツにスキップする

ビットコイン、再値上がりでも変わらぬ事実-誰も買い物に使わない

  • 買い物支払いなど商取引に使われた割合はわずか1.3%ー1~4月
  • 「ビットコインの一番の使い道は今でも投機」とエコノミスト

仮想通貨の代表格であるビットコインは再び値上がりして話題を集めているが、変わらぬ問題を抱えている。投機的な取引を除き、ほとんど誰にも利用されていないという事実だ。

  ブロックチェーン調査会社チェイナリシスの集計データによれば、今年1-4月のビットコイン利用で買い物支払いなど商取引で使われた割合はわずか1.3%。この割合は仮想通貨バブルだった17年後半に達したピークの1.5%を下回っている。

  AT&Tなどの有名企業は顧客に仮想通貨での支払いを認めているが、数週間で50%値上がりするかもしれない仮想通貨を通信費の支払いに使おうとする投機狙いの投資家はほとんどいない。これが同通貨の抱えるジレンマだ。

  

Bitcoin Activity By Category

In percentages

Source: Chainalysis

This year's data is for January through April.

  ビットコインには中央銀行発行の紙幣に代わリ得る存続可能なデジタル通貨との支持を多くの人々から集めるアピールが必要だが、生まれてきたのは支払いに利用するより保有し続けた方がいいと主張する「hodler」たちだ。仮想通貨の世界でHODLは保有を意味するスラング。

  チェイナリシスのシニアエコノミスト、キム・グラウアー氏は電子メールで、「ビットコインの経済活動は圧倒的にトレーディングが主体のままだ」と指摘。「つまりビットコインの一番の使い道は今でも投機というわけで、日々の買い物の支払いに充てるのが主流というのは、まだ現実ではない」とコメントした。

Bitcoin Sent to Merchant Services

Monthly data

Source: Chainalysis

原題:Bitcoin’s Rally Masks Uncomfortable Fact: Almost Nobody Uses It(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE