コンテンツにスキップする

中国、必要なら対米レアアース輸出を制限する計画を用意-関係者

  • 措置は米国が中国に頼るジスプロシウムなどの重レアアースに重点
  • 狙いを絞ったやり方で米経済に打撃を与える措置を準備

米中両国が貿易戦争長期化への備えを固める中、中国は必要なら対米レアアース(希土類)輸出を制限する計画を用意している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  これら関係者によると、中国政府はレアアース供給で支配的な地位にあることを利用して、狙いを絞ったやり方で米経済に打撃を与える措置を準備した。同措置は米国が特に中国に頼っているジスプロシウムやイットリウムなどの重レアアースに重点が置かれる可能性が高く、政府が発動を決定し次第、実施されるという。関係者らはそれ以上の詳細は明らかにしなかった。

Pentagon Losing Control of Bombs to China's Monopoly

中国・内モンゴル自治区で生産されたレアアースの1つ、ネオジム

Photographer: Nelson Ching/Bloomberg

  今週、中国国営メディアや当局者はレアアースを貿易戦争の武器として使用する可能性を指摘していた。中国は世界のレアアースの約80%を生産しており、精錬後のレアアースのシェアはさらに高い。

  中国の国家発展改革委員会(発改委)にファックスでコメントを求めたが、これまでに返答はない。

One Stop Shop

About 80% of U.S. rare earths supplies come from China

Source: U.S. Geological Survey

Sticky Subject

Magnets account for about a quarter of rare earths consumption

Source: China International Capital Corp.

原題:China Has a Rare Earths Plan Ready to Go if Trade War Deepens(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE