コンテンツにスキップする

香港ヘッジファンドのオアシス、ホシザキに狙い定める-CIO

  • 最近の不祥事発覚にもかかわらずホシザキは「素晴らしい事業」
  • オアシス・ジャパン・ストラテジック・ファンドは日本企業に投資

物言う投資家として知られる香港のヘッジファンド、オアシス・マネジメントのセス・フィッシャー最高投資責任者(CIO)は30日、日本の業務用厨房(ちゅうぼう)機器メーカーのホシザキに狙いを定めていることを明らかにした。ホシザキは子会社での不適切取引などの不祥事を受け、29日に再発防止策を発表した。

  フィッシャーCIOは香港で開かれたソーン投資会議でプレゼンテーションを行い、ホシザキは最近の厳しい状況にもかかわらず「素晴らしい事業」を持っていると指摘。同社に対し資金配分方針の詳細を示すとともに、社外取締役を増やし、指名委員会と報酬委員会を設置し、情報を英語で開示するよう呼び掛けた。「ホシザキは本当に割安だと思う」と述べた上で、現在の株価水準と比べホシザキ株は「52%以上の価値がある」との見方を示した。

  ホシザキによれば、連結子会社であるホシザキ東海などでの不適切取引の責任を取り、坂本精志会長が代表権を返上する。フィッシャーCIOは「不祥事による全体的な影響は極めて小さい」と話した上で、不祥事発覚直後にホシザキは「迅速な行動を取った」と評価した。

Scandal-plagued Hoshizaki has rebounded off recent lows after sales beat estimates

  オアシスが新しく始めた「オアシス・ジャパン・ストラテジック・ファンド」は、主に日本企業に投資する。

関連記事:オアシス:日本株に「この上なく強気」、ジャパン・ファンド立ち上げ

原題:Oasis’s Fischer Targets Scandal-Hit Fridge Maker in New Campaign (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE