コンテンツにスキップする

高格付け債ファンドから15年以降最大の資金引き揚げ-リッパー

  • 29日終了週の投資適格債ファンドの資金流出は51億ドル
  • 週間ベースでの資金流出は今年5回目-前週は7.56億ドル流出

クレジット投資家は投資適格級債券ファンドから2週連続で資金を引き揚げた。資金流出額は2015年12月以来最大となった。

  リフィニティブ傘下のリッパーのデータによると、高格付け債ファンドからの5月29日終了週の資金引き揚げは51億ドル(約5600億円)。週間ベースでの資金流出は今年5回目。前週に7億5600万ドルが流出する前は16週連続で資金が流入していた。

  ハイイールド債ファンドも5月29日終了週に12億7000万ドルの流出となった。前週は400万ドルの流入だった。

  世界貿易への懸念が広がる中、米国の社債市場は今週、下落しており、投資適格債のリスクプレミアムは29日時点で1.26ポイントと、過去1週間で約7ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)拡大。ブルームバーグ・バークレイズの指数データによると、ハイイールド債は同期間に0.53%下落した。株式市場と石油市場の下げを受け、上場投資信託(ETF)も多額の資金流出に見舞われた。

  バークレイズのクレジット戦略グローバル責任者、ブラッドリー・ロゴフ氏は「リスク資産の全般的な動きを考えれば、資金流出は驚くべきことではない。ただ、新規発行は多少鈍っており、投資家は潤沢な資金を保有しているため、あまり心配してはいない」と述べた。

Rushing Out

原題:Credit Investors Pull Most From High-Grade Funds Since 2015 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE