コンテンツにスキップする

北朝鮮が米担当特別代表を処刑、米朝首脳会談物別れで-朝鮮日報

更新日時
  • 金革哲氏を他の北朝鮮外務省幹部4人と共に処刑-スパイの罪で
  • 金正恩氏側近の金英哲党副委員長は強制労働に従事
The North Korean flag

The North Korean flag

Photographer: MANAN VATSYAYANA/AFP/Getty Images

The North Korean flag

Photographer: MANAN VATSYAYANA/AFP/Getty Images

2月にベトナム・ハノイで開催された米朝首脳会談が物別れに終わったことを受け、北朝鮮の米国担当特別代表として事務レベル交渉を担当した金革哲(キム・ヒョクチョル)氏が他の北朝鮮外務省幹部4人と共に3月に処刑された。韓国の朝鮮日報が匿名の関係者からの情報として報じた。

  同紙によれば、金革哲氏は米国に取り込まれてスパイを働いた罪で銃殺された。金正恩朝鮮労働党委員長はトランプ米大統領との首脳会談が合意なしで終わった後、政権内部の粛清に着手したという。

  韓国メディアは過去にも北朝鮮当局者の処刑を伝えているが、その後、誤報と判明したこともある。国営メディアが金革哲氏について触れていないことから、同氏の運命に関する臆測が広がっていた。

Vietnam To Host Kim-Trump Summit

金革哲氏(中央)

Photographer: Linh Pham/Getty Images

  ハノイでの首脳会談後、米朝協議再開のめどは立っていない。米国務省のビーガン北朝鮮担当特別代表は今週末、日韓の交渉担当者とシンガポールで会合する予定。

  朝鮮日報によると、金正恩委員長の側近の1人、金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長については強制労働に従事させる措置が取られたという。

Secretary Of State Mike Pompeo Arrives For Meeting With North Korean Counterpart At A Washington, D.C. Hotel

金英哲氏

Photographer: Alex Wong/Getty Images

原題:North Korea Executed Envoy Over Trump-Kim Summit, Chosun Reports(抜粋)

(背景などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE