コンテンツにスキップする

Tモバイルとスプリント、周波数帯の一部放出を検討-関係者

米携帯電話事業者TモバイルUSと同業スプリントは、265億ドル(約2兆9000億円)規模の合併計画で米司法省の承認を得るため、周波数帯の一部放出を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。周波数帯の放出案に対しては、既に米ケーブルテレビ(CATV)運営のコムキャストと同業チャーター・コミュニケーションズが取得の関心を示しているという。

  関係者らによれば、放出される可能性のある周波数帯の取得および携帯電話事業での第4の競合企業となることへの関心の有無を巡り、司法省の当局者らはコムキャスト、チャーターの担当者と29日に会合を持った。関係者らは、協議が非公開だとして匿名を条件に語った。両社とも既に携帯電話サービスを提供している。

  コムキャストとチャーターの担当者はコメントを控えた。スプリント、Tモバイル、司法省からもこれまでコメントを得られていない。

原題:T-Mobile, Sprint Offer to Shed Airwaves, Enticing Cable Giants(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE