コンテンツにスキップする

アップル株、月初来の下げで貿易リスク織り込み済み-強気派が分析

アップルの株価が今月に入り下げていることは、米中貿易戦争が激化するリスクは株価に織り込まれていることを意味している可能性がある。アップル株の強気派アナリストの1人が述べた。

  バンク・オブ・アメリカ(BofA)のアナリスト、ワムジ・モハン氏は、顧客向けリポートで「中国の関税に関連するリスクは織り込み済みだとみている」と指摘した。同氏はアップル株の投資判断を「買い」、目標株価を現在の水準から30%程度高い230ドルにそれぞれ据え置いた。モハン氏はiPhone(アイフォーン)の安定や株主還元、新商品への期待などをアップルに対する前向きな評価の背景として挙げた。

BofAML said Apple shares now reflected trade risk

原題:Apple Bull Says Trade Risk Priced Into Shares After Rout (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE