コンテンツにスキップする

テスラは「ニッチ」なメーカー転落も-バークレイズが目標株価下げ

米電気自動車(EV)メーカーのテスラは既に、ここ1カ月の株価下落で時価総額の約20%を失ったが、同社への打撃はまだ続いている。バークレイズのアナリスト、ブライアン・ジョンソン氏はテスラがニッチ(隙間)な市場を対象とした高級車メーカーに成り下がる可能性があると指摘した。

  ジョンソン氏は30日、テスラの目標株価を150ドルと、従来の192ドルから引き下げた。米国における「モデル3」の需要は頭打ちになっていると顧客リポートで説明。自動車事業で高い収益性を上げるための道筋を欠いているほか、太陽光発電を通じた蓄電システムの設置はここ2四半期連続で落ち込んでいると記した。さらに、イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が取り組む完全自動運転車の「ロボタクシー」シナリオも、テスラの自動運転技術に対する期待を高めるには至らなかったとしている。

  ジョンソン氏は「需要や収益性、現金創出という短期的なファンダメンタルズを再び注目する投資家が増えるだろう」と分析。株式の投資判断は「アンダーウエート」で据え置いた。同氏は自身の分析モデルについて、テスラが「ニッチな高級車」メーカーとなり、株価が133ドルに下がるというシナリオにかなり近いと説明した。

  30日の米株式市場で、テスラ株は一時1.5%安となった。

原題:Tesla Dealt Blow as Barclays Warns of Being Niche Carmaker (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE