コンテンツにスキップする

イタリアのサルビーニ副首相、連立崩壊の覚悟表明-関係者

更新日時
  • 9月の早期選挙実施は見込んでいないと、サルビーニ氏-ANSA
  • 連立継続を希望も、パートナーの「五つ星」次第と主張

イタリアの連立与党「同盟」を率いるサルビーニ副首相は、連立政権を維持したいと同党所属議員に述べつつ、フラット税制導入など優先政策を果たせない場合に連立崩壊の覚悟はできていると語った。

Northern League Summit In Rome

イタリアのサルビーニ副首相(29日)

Photographer: Andrea Ronchini//Getty Images

  サルビーニ氏は29日、ローマで開いた非公開の会合で、反エスタブリッシュメント(既存勢力)政党「五つ星運動」との連立はさらに4年続くかもしれないし、3カ月以内に終わるかもしれないと発言した。会合に出席した関係者2人が明らかにした。

  非公開の会合だったことから匿名を希望したこの関係者によると、サルビーニ氏は連立政権の将来は同盟の求める政策に連立パートナーが同意するか、欧州議会選の結果が散々だった五つ星でディマイオ党首が党内を引き続きまとめていけるかにかかっていると主張。五つ星は30日、ディマイオ党首に対する党員のオンライン信任投票を実施している。

  サルビーニ氏は30日記者団に対し、五つ星が政府の政策実行に尽力するか、あるいは連立政権が継続不能に陥るかのどちらかだと述べた。サルビーニ氏は特にインフラに絡むプログラムを重視している。ただ9月の早期総選挙実施は見込んでおらず、同氏は「9月には予算を準備する」と話したと、ANSA通信が伝えた。

原題:Salvini Ready to End Coalition Unless Five Star Plays Ball (2)(抜粋)

(最終段落を加え、デックヘッドの見出しを更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE