コンテンツにスキップする

CLOの値下がり、前回の下降局面より厳しくなりそう-PIMCO

  • 次の景気悪化時にはCLOがクレジット市場で最も大きな打撃受ける
  • ベス・マクリーン氏がブルームバーグラジオで語った

ローン担保証券(CLO)は利回りを求める日本の銀行などの投資家からの人気が高いが、米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)のベス・マクリーン氏によれば、次の下降局面では前回より大きな損失を投資家に与えそうだ。

  PIMCOは次の景気悪化時にはCLOがクレジット市場で最も大きな打撃を受けると予想。ただ、株式市場で見られる相場下落に比べれば小幅だろうと、銀行ローン担当ポートフォリオマネジャーを務める同氏は述べた。

Pacific Investment Management Company LLC Advertisement

PIMCOの看板(2013年11月に香港で撮影)

Photographer: Brent Lewin/BloombergPI

  マクリーン氏はブルームバーグラジオとの今週のインタビューで、「損失を負うのは主としてエクイティートランシュの投資家だろう」と指摘。 次回の下降局面での損失は1500億ドル(約16兆5000億円)に上る可能性があるとの試算を示した。

  「取るに足らない数字ではないが、FAANG株が半日で失うことがある額を考えると、それほど大きくはない」と、人気の高いテクノロジー株5銘柄(フェイスブック、アップル、アマゾン・ドット・コム、ネットフリックス、グーグル親会社のアルファベット)を引き合いに出して語った。

原題:Pimco Fires Warning Shot: CLO Losses Will Surpass Prior Cycles(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE