コンテンツにスキップする

PIMCOアイバシン氏:クレジット市場のリターン低下・変動拡大へ

  • 群を抜いて最大の懸念分野はクレジット市場-アイバシン氏
  • PIMCO幹部はクレジット市場に関して弱気な予想示す

パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)のダン・アイバシン最高投資責任者(CIO)は、泡立つ企業クレジット市場で長期的にボラティリティー(変動性)が拡大し、リターンが低下すると予想している。

  アイバシン氏は「われわれにとって群を抜いて最大の懸念分野はクレジット市場であり、特に企業信用リスクに関連する市場だ」と指摘。「それは約10年間にわたり利回りが極めて低く推移している分野であり、ファンダメンタルズを巡る懸念が高まっている分野でもある」と述べた。

PIMCOのアイバシンCIO

(出典:ブルームバーグ)

  PIMCO幹部は29日、世界見通しの発表後にブルームバーグテレビジョンに対し、クレジット市場に関して弱気な予想を示した。同市場は米中の貿易を巡る混乱や、サイクル後期における企業のレバレッジ上昇に伴う圧力に直面。幹部らは投資家に対し、米国債を選好することで防衛する一方で、米通信・パイプライン業界、住宅ローン証券(MBS)など特定分野・セクターに投資することで選別を行うよう勧めた。

原題:Pimco’s Ivascyn Sees Lower Returns, Volatility in Credit (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE