コンテンツにスキップする
Photographer: Nelson Ching/

中国に代わるレアアース輸出国はどこ?米製造業、供給確保に奔走も

  • 中国以外でレアアース最大手のライナスが運営する鉱山は豪州にある
  • エストニアやミャンマー、インドなどにも注目
Rare earth magnets are displayed in the showroom at Inner Mongolia Baotou Steel Rare-Earth Hi-Tech Co. in Baotou, Inner Mongolia, China, on Wednesday, May 5, 2010. A generation after Chinese leader Deng Xiaoping made mastering neodymium and 16 other elements known as rare-earths a priority, China has cornered the market, with far-reaching effects ranging from job losses and global trade to U.S. national security.
Photographer: Nelson Ching/

米中貿易戦争の激化に伴い、中国が米国への対抗措置としてレアアース(希土類)輸出を抑制すれば、電気自動車やドローン、ロボットで使われる磁石のメーカーなどレアアースに頼る米企業は供給確保に向け奔走を迫られる可能性が高い。中国に代わって米製造業にレアアースを供給できる国を挙げる。

オーストラリア

  米地質調査所(USGS)によると、中国を除いた最大のレアアース産出国はオーストラリア。昨年の産出量は2万トン。前年の1万9000トンから増加した。中国以外でレアアース最大手のライナスが運営する鉱山は豪州にある。同社は先週、2025年までにレアアースのネオジムとプラセオジムの生産をほぼ倍にする計画を発表した。ブルー・ラインとの合弁会社を通じ米国で見込まれる不足分の穴埋めも支援する方針。

Not So Rare Earths

China dominates global production and reserves of rare earths

U.S.G.S.

Data in metric tons of rare-earth oxide equivalent

エストニア

  レアアースの対米輸出で中国に次ぐ2位がエストニアだとUSGSのデータは示している。ネオ・パフォーマンス・マテリアルズの資料によれば、同社がエストニアに置くシルメット生産施設ではレアアース商品2500トンの生産が可能。

ミャンマー

  USGSによれば、レアアース産出で中国と米国、豪州に次ぐのがミャンマー。昨年の産出量は5000トンだった。SMMインフォメーション&テクノロジーは、中国政府が5月14日にミャンマーからのレアアース鉱石輸入を禁止したと伝えた。

Loosening Grip

China dominates rare earths mining, but new projects are being assessed globally

Source: United States Geological Survey

Note: Exploration projects are being evaluated to determine if they are economic to develop

インド

  インドはレアアース埋蔵量で世界5位。中国が07年に出荷規制を実施した際、インドなどが国内投資・生産を競って拡大した。

ブラジルとベトナム

  ブラジルとベトナムのレアアース埋蔵量はそれぞれ約2200万トンだとUSGSは指摘している。両国とも鉱山開発は遅れていて、ベトナムは産出量を昨年倍増させたものの、わずか400トン。ブラジルは1000トンと、前年の1700トンから産出を減らしたことがデータで示されている。

原題:Here Are China’s Rivals in Shipping Rare Earths to the U.S.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE