コンテンツにスキップする

米軍の戦闘機やミサイルが貿易戦争の矢面に-中国のレアアース依存で

  • 米国に必要なレアアースの約8割を中国が供給
  • レアアースは戦闘機のF35や誘導ミサイルなどに使われている

中国は世界のレアアース(希土類)市場における支配力を使い、米国との貿易戦争で米軍兵器を標的にできそうだ。

  ロッキード・マーティン製の統合打撃戦闘機「F-35」や誘導ミサイル、標的を定めるために使われるレーザーなどあらゆる兵器は、重要な機能を作動させるのにレアアースが欠かせない。中国は世界の生産量の最大95%を賄っており、米国は必要なレアアースの80%を中国に依存する。

  名前とは裏腹に地殻中に貴金属より広範囲に存在するレアアースは、中国が米国との貿易戦争で対抗手段に使う方針であることが現地メディア報道で示唆され、一気に注目を集めている。大豆や天然ガス、アルミニウムなどを含む商品への報復関税は世界の市場を混乱させ、グローバル経済の成長を脅かしている。

  業界調査会社ベンチマーク・ミネラル・インテリジェンスのマネジングディレクター、サイモン・ムーアズ氏は「レアアースが再び話題になるという事実は、中国が資源分野で最強の政治的ツールを使うという意味だ。レアアースにはニッチな特殊性があり、国防総省にとって極めて重要だ」と指摘した。

  2013年の米議会調査サービスの報告書によると、ステルス戦闘機「F-35ライトニングII」にはレアアースが約920ポンド(約417キログラム)必要。同型機は国防総省の保有する兵器で最も高価。同省からのこの件に関するコメントは現時点で得られていない。

F-35B Lightning II- Ready to Strike

F-35BライトニングII

Photographer: Francisco J. Diaz Jr./U.S. Marine Corps via Getty Images

原題:U.S. Fighter Jets and Missiles Are in Rare-Earth Firing Line (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE