コンテンツにスキップする

「マイケル・コース」のカプリ、売り上げ見通しを下方修正-株価下落

  • 海外通貨安や卸売りによる収入の減少が響く
  • 通期の「マイケル・コース」既存店売上高、横ばいの見通し

「マイケル・コース」「ヴェルサーチ」などのブランドを擁するカプリ・ホールディングスは29日、通期の売り上げ見通しを下方修正した。海外通貨安や卸売りによる収入の減少を理由に挙げた。カプリの株価は約7カ月ぶりの大幅安となった。

  • カプリは1-3月(第4四半期)の決算発表で、2020年3月期の売上高は60億ドル(約6580億円)になるとの見通しを示した。従来予想は61億ドル。「マイケル・コース」ブランドの既存店売上高は横ばいにとどまる見込みという。「ヴェルサーチ」と「ジミーチュウ」の既存店売上高は増加を見込んでいる。

インサイト

  • 高級ブランド会社への転換を目指す同社はこの2年間、ヴェルサーチを22億ドル、ジミーチュウを12億ドルで買収。社名を「マイケル・コース」から「カプリ」に変更した。ジョン・アイドル最高経営責任者(CEO)は今年が「投資の年」になると述べた
  • マイケル・コースの1-3月の既存店売上高は為替変動を除いたベースで1%減った。減少幅はアナリストの予想より大きかった

市場の反応

  • 29日のニューヨーク株式市場でカプリは一時12%下落。取引時間中としては昨年11月初旬以来の大幅安。年初から28日までは2.6%上昇していた

原題:Michael Kors Owner Slides After Cutting Full-Year Sales Forecast(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE