コンテンツにスキップする

ソフトバンク、インドネシアに重点置くグロースVCファンドに出資

  • 2億ドル規模のファンド、インドネシアで有望な新興企業を発掘へ
  • パビリオン・キャピタルやインディーズ・キャピタルと共に出資
ソフトバンクの孫社長

ソフトバンクの孫社長

Photographer: Akio Kon/Bloomberg
ソフトバンクの孫社長
Photographer: Akio Kon/Bloomberg

ソフトバンクグループはインドネシアで有望な新興企業の発掘に重点を置く2億ドル(約220億円)規模のベンチャーキャピタル(VC)ファンドに他の支援者と共に出資した。

  インターネットとモバイルの普及が急速に進むインドネシア経済に投資家の注目が高まっている。ソフトバンクはパビリオン・キャピタルとインディーズ・キャピタルなどの投資家と共に同ファンドに出資。同ファンドは当初目標の1億5000万ドルを超える資金を集めた。

  シンガポールを拠点とする同ファンドはインドネシアのシナル・マス・グループとイースト・ベンチャーズ、ヤフー・ジャパンの部門が設立した合弁事業、EVグロースが運用し、幅広い産業にわたって投資先を探る。EVグロースを率いる3人のパートナーの1人、ウィルソン・クアカ氏は「このファンドはより多くのユニコーン(企業価値10億ドル以上の未上場企業)の創出を目指している」と語った。

原題:SoftBank Joins Record Indonesia-Focused Growth Venture Fund(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE