コンテンツにスキップする
Photographer: Ruhani Kaur/Bloomberg

WeWork、27.5億ドルの信用枠設定で銀行と協議

  • JPモルガンが信用枠設定の案件を主導、IPOを控え
  • ウィーワークは4月にIPO書類を非公開で提出
People walk through the WeWork Cos. 32nd Milestone co-working space in Gurugram, India, on Monday, Feb. 18, 2019. The New York-based co-working giant WeWork Cos, which operates shared office spaces around the world, has attracted huge piles of investor money, which it uses to snap up office space in the largest cities on earth.
Photographer: Ruhani Kaur/Bloomberg

シェアオフィスを運営する米ウィーワークは新規株式公開(IPO)に先立ち、27億5000万ドル(約3000億円)の信用枠設定について銀行と協議中だ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  JPモルガン・チェースは同案件を主導していると、関係者は匿名を条件に話した。JPモルガンとウィーワークの担当者はコメントを控えた。

  ウィーワークは4月、IPOの申請で米証券取引委員会(SEC)に書類を非公開で提出したことを明らかにしていた。米国の今年のIPOとしてはウーバー・テクノロジーズに次ぐ規模となる公算が大きい。ウィーワークの主要株主のソフトバンクグループは今年初めに同社の支配持ち分を取得しないことを決めている。

  企業がIPOに先立ちウォール街の金融機関から信用枠を確保するケースは多い。大口の信用枠の設定に応じた銀行に新規公開企業はIPOで役割を与え、銀行はその見返りにより良い条件を提示することがある。

原題:WeWork Is Said to Be in Talks for $2.75 Billion Credit Line (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE