コンテンツにスキップする

合意なきEU離脱、英議会は黙認しない-下院議長が強硬派に警告

  • 保守党党首選、複数の候補者が強硬離脱公約-バーコウ議長は異議
  • 英国のEU離脱議論、「まだまだ先は長い」-バーコウ議長

英下院のバーコウ議長は議会は合意なき欧州連合(EU)離脱を黙認しないと述べ、保守党党首選で次期首相の座を狙う候補者らに警告した。

  党首選に立候補したEU離脱推進派の数人は、10月末に離脱期限を迎えた時点で必要なら合意なしの離脱を強行すると公約している。バーコウ議長はこれについて、議会の同意がなければそれは起こり得ないと言明した。

House Of Commons Speaker John Bercow

バーコウ英下院議長

写真家:Dan Kitwood / Getty Images

  バーコウ議長は28日、米ワシントンのブルッキングス研究所で講演。「EU離脱を巡る議論の主役を議会が明け渡すなど、想像できない」と述べ、「議会に発言権がないなどとの考えはばかげている。議会はこの問題で大きな役割を担う」と続けた。

  英シンクタンクの政府政策研究所によると、首相が合意なきEU離脱を決意する場合、これを阻止する明確なすべを議会は持たない。バーコウ議長はこれに異を唱え、法的には10月31日の期限が到来した時点で英国がEUを離脱することになっているが、政治的な現実は異なると主張。「合意なしのEU離脱に必然性があるというのは極めて誤った考えだ。まだまだ先は長い」と述べ、EU離脱問題が片付くまでは議長にとどまる考えを示した。

原題:Bercow Warns Brexit Hardliners Parliament Could Stop No Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE