コンテンツにスキップする

アルセロール・ミタルが欧州で減産、需要減退で-株価急落

  • フランスやドイツの工場で生産を削減、スペインでも停止延長
  • 株価は一時7.3%安と17年5月以来の下落率

世界最大の製鉄会社アルセロール・ミタルは29日、需要の弱さと輸入増加に対応するため欧州の工場で減産すると発表した。同社の株価は2年ぶり大幅安となっている。

  発表によると、フランスのダンケルクとドイツのアイゼンヒュッテンシュタットで生産を削減する。また第4四半期にドイツのブレーメンでも減産するほか、スペインのアストゥリアス州で予定する停止期間を延長する。減産規模に関する数字は明かさず、「現在の市場需要に生産を合わせる」とだけ説明した。

  同社株価は一時7.3%下げ、2017年5月以来の下落率を記録。アムステルダム時間午前9時9分(日本時間午後4時9分)現在、13.35ユーロで取引されている。

ArcelorMittal shares are down more than 25% this year

Turkish Steel Pours Into Europe

Source: Eurofer

原題:ArcelorMittal Tumbles After Cutting European Steel Output (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE