コンテンツにスキップする

エチオピア航空のパイロット、墜落事故の数カ月前に危険性を警告

  • ライオンエア機の惨事の再発防止で乗務員訓練の強化必要-メール
  • 昨年12月にパイロットが訓練強化を上司に求めていた

エチオピア航空のパイロット1人は、同社が運航していたボーイング737MAXが墜落事故を起こす数カ月前に上級管理職に対し、ライオンエア機と同様の惨事再発を防ぐには乗務員の訓練の強化とコミュニケーションの改善が必要だと警告していた。

  ブルームバーグ・ニュースが閲覧した電子メールや文書によると、このパイロットは昨年12月、ライオンエア機が同年10月にジャワ海に墜落する前に遭遇したような状況への備えを乗務員がより良く行えるよう、737MAXの飛行制御機能に関する訓練の強化を上司に求めていた。

INDONESIA-ACCIDENT-LION AIR

回収されたライオンエア機の残骸(ジャカルタ、2018年11月)

Photographer: Bay Ismoyo/AFP via Getty Images

  同パイロットは12月13日付の電子メールで、パイロットがボーイング737MAXの飛行制御システムの誤動作に悪戦苦闘しながら、地上に近過ぎる高度で飛行しているといったコックピットでの警告に遭遇すれば「墜落することは確実だ」と注意を促した。

  別のパイロット2人が操縦していたエチオピア航空機は3月10日、アディスアベバの空港を離陸してから数分後に墜落し157人が死亡した。

Six Minutes to Disaster: Ethiopian Air Pilots Battled Boeing Max

墜落したエチオピア航空機の残骸

Photographer: Michael Tewelde/AFP via Getty Images

  上司に警告していたパイロットはこの記事に対してコメントを控えた。ブルームバーグが閲覧した文書は別の匿名の関係者から入手した。エチオピア航空の広報担当者は電話取材に対し、「現時点では何もコメントできない」と述べた。同社はこれまで、パイロットがボーイングと米連邦航空局(FAA)の推奨する訓練を全て完了していると説明していた。

Boeing Reprograms 737 System Linked to Crashes

A software update will prevent a single sensor from activating the Maneuvering Characteristics Augmentation System. The data from both sensors will be considered.

Sources: Boeing, Mentourpilot

原題:Long Before Crash, Ethiopian Air Pilot Warned Bosses of Dangers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE