コンテンツにスキップする

中国、ファーウェイ巡り米国が安全保障の例外規定乱用と非難

  • WTO市場アクセス委員会会合で中国が主張
  • 「中国企業に対する全ての一方的な制裁措置」の即時解除求める
Inside The 2019 Consumer Electronics Show
Photographer: Patrick T. Fallon/Bloomberg
Inside The 2019 Consumer Electronics Show
Photographer: Patrick T. Fallon/Bloomberg

中国は28日、米国が安全保障の例外規定を乱用し中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ)に対する禁輸措置を講じていると世界貿易機関(WTO)の会合で非難した。米国の行動が世界の貿易体制に重大な影響を及ぼす可能性があるとも警告した。

  中国はジュネーブでのWTO市場アクセス委員会会合で、米国がWTOルールに違反していると主張。「中国企業に対する全ての一方的な制裁措置を直ちに解除」するようトランプ政権に求めた。

  米政府が中国からの輸入品への関税を強化したことやファーウェイおよび同社の関連企業を禁輸対象のブラックリストに入れたことで、米中の通商対立が激化している。

原題:China Accuses U.S. of Abusing WTO National Security Exceptions (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE