コンテンツにスキップする

ゴールドマン、経営委メンバーに新たに女性含む3人を指名

  • アジア太平洋でのフランチャイズ拡充への注力を示す
  • 新メンバーはベス・ハマック、ジェームズ・パラダイス氏など
The Goldman Sachs Group Inc. logo is displayed in the reception area of the One Raffles Link building, which houses one of the Goldman Sachs (Singapore) Pte offices, in Singapore.
The Goldman Sachs Group Inc. logo is displayed in the reception area of the One Raffles Link building, which houses one of the Goldman Sachs (Singapore) Pte offices, in Singapore. Photographer: Nicky Loh/Bloomberg
The Goldman Sachs Group Inc. logo is displayed in the reception area of the One Raffles Link building, which houses one of the Goldman Sachs (Singapore) Pte offices, in Singapore.
Photographer: Nicky Loh/Bloomberg

ゴールドマン・サックス・グループは社の最高意思決定機関である経営委員会に新たに3人を加えた。デービッド・ソロモン氏が最高経営責任者(CEO)に就任して以降、経営委メンバーの指名はこれが2回目。

  • 28日の社内文書によると、経営委に加わる1人は財務担当のベス・ハマック氏で、同委8人目の女性メンバーとなる。その他の2人は、日本以外のアジア担当共同プレジデントであるジェームズ・パラダイス、トッド・リーランド両氏。

ポイント

  • 今回の人事は、昨年の収入全体の14%を稼ぎ出したアジア太平洋地域でのフランチャイズ拡充にゴールドマンが注力していることを示す
  • 今回の3人を加え、経営委員会メンバーは32人となった。一部の幹部は以前、ソロモン氏が経営委の縮小や、別個の小規模な顧問グループ設置を行う可能性があるとみていたが、ソロモン氏はこれを選ばなかった
  • トレーディング部門のメンバー退社により、経営委の人数は比較的安定している

原題:Goldman Expands Its Top Leadership Group Again Under Solomon(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE